blog

納得いかないけど…

今日は散々な目に遭いました。もっとも、私にも非はあるんだけど。

<経緯>
先日父が私の自転車に乗っていたところ、街で届出ナンバーを
ランダムにチェックしていた警察官に呼び止められ、ナンバーをチェックされた。
そうしたら、どうやら登録が購入者である私の名前になっていなかったらしく、
状況を調査することになった。

最初は何かの間違いだろうって軽く見ていたんだけど、
そのナンバーで登録されている自転車の持ち主は、
何年か前に自転車を盗まれていたらしく、
盗難届けは出していないものの状況確認のため事情聴取されることに。

この自転車を買ったのは今から8年ほど前。
どこで買ったのかさえ記憶が定かでない状況だったんだけど、
よくよく思い出してみるとこんなことがあった。
買ってから2年経たない頃に一度盗まれたことがあり、
「まだ新しかったのに!」と悔しがっていたら、
1週間ほどして自宅から10mくらいのところのアパートの前に
まったく同じ自転車が停まっているのを発見。
新しそうだったし、もしかしたら盗んだ誰かが偶然この近所に住んでいて
ここに放置しているのかもしれない、と思って持っていた鍵を当ててみたら
なんとばっちり開錠できるじゃないですか。
やっぱり~!と思ってそのまま自宅へ持ち帰ったのでした。

そのときはこれが盗まれた自転車だと信じて疑わなかったため
登録ナンバーを確認することもなく6年が経過。
今回の調査で、あれは結局私のじゃなかったということが判明した、というわけ。
本来の持ち主も買って1年ほどだったため新しさも似ていたし、
まったく同じ色・車種で、盗まれて1週間後というタイミングに
私の家のすぐそばに停めてあり、かつ鍵も偶然合ってしまった…という
信じられない偶然が重なりに重なってこのようなことに。

故意ではないにせよ私がしたことは窃盗みたいなものということで…。
2時間拘束され、同じような書類を何枚も書かされ、
指紋や写真を撮られてすっかり犯罪者扱いです。
被害者は自転車さえ戻れば訴えたりはしないというので
微罪なんちゃらという書類のみの手続きで完了したけど…。

警察署で延々待たされる間、
「以前私が自転車を盗まれて届けを出したときも、
ある事件で被害届を出したときも、空き巣で大切なものをたくさん失ったときも
助けてくれなかった警察だけど、悪意のない6年前の過ちから
私を犯罪者にするためにはこうもフットワークが軽いんだな」
って考えてしまった。
私がしたことは間違いだったということは認めるけど、
私の自転車を盗んだ犯人は咎められることなしに
被害者でもあった私が加害者にだけなってしまうって、なんだか悲しい。
[PR]
by hz_kr | 2007-11-14 21:07
<< 食の旅♪ 明日から >>



主にCanadaワーホリblog
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31