blog

<   2007年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Language Exchange

今日は週に1度のエクスチェンジの日。
ルームメイトのチューターが近い将来日本で英語を教えたいということで
彼は英語、私は日本語を週に1回会ってエクスチェンジしているのです。
今週で4回目かな。彼は韓国で数年英語を教えていた経験があるとかで
資格とかはないんだろうけど、ある意味プロなわけ。
本来お金を払って受ける授業を、中学生の家庭教師しかやったことない私が
教える日本語と交換てバランス取れてない気がするんだけど…。
なかなかカナディアンと一対一で話をする機会はないから
それだけでも貴重なんだよねぇ、たぶん。

ちなみに彼はかなり勉強家で、ひらがなだけでなく、漢字も少し書ける。
今日はカレンダーの日付の読み方を教えたわ。
「英語ってなんで日付はワン、ツーじゃなくてファースト、セカンドなのよ!
まったくややこしいわね!」って中学時代に思ったものだけど、日本語は
「ついたち、ふつか、みっか、よっか、いつか、むいか、なのか、ようか…」って
全然違うよね、よくよく考えると…。日本語の方がよっぽど不親切だわ…。

学校で勉強している英語と、実際に社会で使われている英語は
当然だけど全然違う。学校の先生は正しい英語を教えてくれるけど
自然な英語ではないので、チューターから指摘されることは
意外と「へー」ということが多い。だから半年学校に通っても
ネイティブスピーカーと話すのは難しいんだよね、きっと。

学校は来週で終わり。友達と別れるのは本当に本当に寂しい…けど
英語力を伸ばすためには働かないと(T_T)
もちろん、生活のためにもw
仲良くなった友達たちは、フレンドリーで楽しい人たちばかり。
韓国の女の子はスキンシップが盛んだから
仲良くなってからの距離が日本人同士より近いと思う。
ワーホリが終わって帰国したら、まず韓国を訪れようと思う今日この頃なのでした。
[PR]
by hz_kr | 2007-04-27 13:33 | Canada全般

Canucks vs Stars

b0107574_12222373.gifb0107574_1223185.gif今日はバンクーバーの
チームが参加するアイスホッケーの試合がある。
ふと気づけば街を挙げての応援。

あらゆるお店(ナイキ、zara、バナリパ等のブティックも含め)に
「Go Canucks!」という文字とチームロゴ(左)の描かれたシールが貼られ、
バスの正面にある行き先電光掲示板には行き先と
「Go Canucks Go」の文字が代わる代わるに表示され、
今まさに試合の真っ最中なわけですが、アパートの10階まで
はっきり聞き取れるほどの大声援が街に響き渡っています。

どうやら、今2対1でリードしているらしい。
今日はこの先勝ち進めるかどうかの大切な試合なんだって。
学校の先生でホッケー好きの人がいて
Do or die today for the Canucks!
て言ってた。今日の試合に勝つと、さらに上に勝ち進めて(Do)、
負ければ明日からゴルフをするしかない(Die)ってw

コミュニケーションの先生が
「Canucksが勝てば街は(盛り上がって)危険なことになるけど
負ければさらに危険なことになるわ…だから私は家でじっとしてる」
って言ってたw この声援ぷりなんだから、パブにでも行こうものなら
大変なことになっているんでしょうね。
アパートのTVは別途契約していないので限られたチャンネルしか見られず
残念ながら鑑賞することはかないません。いずれにせよ見てないと思うが…。

ちなみにCanadaの国技は冬ホッケーと夏ラクロスだそうです。
[PR]
by hz_kr | 2007-04-24 12:29 | Canada全般

ワークショップ+挨拶のキス

今日は学校で実施してるワーキングホリデー向けのワークショップに参加した。
そろそろ働き先探し始めないと(泣)ナーバスだわ…。
こちらでアルバイトをするときは、レジュメという履歴書代わりの
自己紹介文書提出と、インタビューという面接を経なければならないんだけど
今日はインタビューの説明とアクティビティだった。

私はメキシカンの女の子と組んで練習したんだけど、
彼女はかなり話せる方で、色々アドバイスもらっちゃった。
 「どうしてそんなに早く文章を組み立てられるの?
 私は文章作るのに時間がかかり過ぎて…」

って聞いたら
 「hz_krは日本語で考えてるんでしょ。英語で考えなきゃだめ。
 日本人同士で英語を話すんじゃなくて、全然違う国の人や
 カナディアンと会話するようにしなきゃ!私でよければたくさん話そう♪」

とアドバイスを貰った。確かにねぇ。
韓国人の子とだと、日本人と話すのとあまり変わらない。
彼らの文法は日本の文法と似通っているから、英語に翻訳する
思考回路も同じようなもので、めちゃくちゃ話しても
なんとなくお互い理解できちゃうのよ。英語脳に変換しないと
永遠に話せるようにはならない気がするわ。

ところで最近、インタビュー練習で組んだメキシカンの女の子とは
頬にキスして挨拶交わすようになった。
つきあってる友達は韓国のコが多いから、今まではそういう経験なかったんだけど
彼女とは2つクラスが一緒で、仲良くしているからメキシカン流で挨拶。
妙に私のことを気にかけてくれるのよねw 彼女は双子で、二人とも
学校に来ているからたまに区別がつかなくて
話しかけていいものかどうか迷うときがある…。
本当にそっくり。顔立ちも行動も、声もしゃべり方も。すごいなぁ、双子って。
ちなみに彼女の家にはプールがあって、プールのそばにBarカウンターがあるそうです。
はっきり覚えてないけど、ベッドルーム8つと、バスルームが4つくらいだそう。すごー。
それ以前に、家がメキシコとカナダの2つにあるんだって。
次元が違いすぎて想像できない…。

そうそう、挨拶のキスについてだけど、ポルトガル人から教わった限りだと、
ポルトガルだと左右、メキシコはどちらか片方、
ブラジルは左右+どちらかの3回キスするんだって。
どれもほんとにキスしてるわけじゃなくて、頬を合わせて「チュッ」て言ってるだけ。
男性⇒女性、女性⇒女性にする挨拶だけど、男性⇒男性はneverということでしたw
ハグとかキスとか、日本じゃまずしないから、新しい経験だわ♪
[PR]
by hz_kr | 2007-04-20 13:48 | 語学学校

English Bay Sunset

今日は昼間雨で、後から晴れたので、地平線のところに雲があって
はっきりとは夕日拝めなかったけど見てきたヨ。

iPodで音楽聴きながら20分くらいの道のりを海に向かって歩いて、
まだ少し日の高いうちに海岸に到着。最高に気分が良かった。
でも段々寒くなってきて帰る頃には震えてたけどねw
夜になるとまだ息が白いかも。スプリングコートはまだ早いんだろうけど
4月になってみんな冬物のコートは脱ぎ始めているみたいだから
うっかり薄着で出てしまうのよねぇ。

写真を撮ったのでいくつか紹介。
b0107574_15183075.jpg
常夏のようですが意外と寒いです

b0107574_15191293.jpg
徒歩20分でこんな美しい場所に行けるなんて夢のよう…

b0107574_15195967.jpg
散歩する二人も絵になりますねっ!


◆おまけ◆
b0107574_15204914.jpg
アパートに差し込む夕日

b0107574_1521369.jpg
ベランダから見えるEnglishベイ



今日は「お、晴れた!」と思って慌てて出かけたから一人だったんだけど
後から「Englishベイ見てきたよー」って学校の友達(韓国人)に電話したら
「へ~誰と?」って言われて「一人で」っていったら
「えぇっ?!…gloomy…」て言われた…。いいじゃない、別にひとりで行ったって!
[PR]
by hz_kr | 2007-04-17 15:28 | 観光

新モスクーポン

b0107574_1102233.gif

どうやらモスバーガーのハンバーガーがいくつか新しくなったようですね。
こちらからクーポンをダウンロードすれば、
単品メニューが¥50引き、セットメニューが¥100引きになるそうです。
さっき見に行ったときはPDFの不具合でダウンロードできないとか書いてあったけど…。

私はモスを1年食べられないのです。
モスで育ったようなもんの私にとっては、食の拷問とも言えましょう。
とりあえず、誰か食べに行って報告してください。
あまり私の食欲をそそるような報告はしないように。

今日こそEnglishベイのSunsetにチャレンジ!
行って来まーす。
[PR]
by hz_kr | 2007-04-17 11:00

TransLink

今日は、バンクーバーへ旅行したときに役立つ(であろう)、
電車およびバスの乗り方について触れたいと思います。
かなり長くなりますが少し詳しく。いつかバンクーバ-を訪れる時は参考にどうぞ。

ほんとにまるっきり違って面白い!でも知らないと利用できないと思うの…。
日本みたいにあちことにインフォメーションがある、なんてことないから。
私も慣れるまでは毎日ドキドキだったもん。

バンクーバーにはTransLinkという運送会社があって
そこが電車、バス、水上バスの全部を管理しています。
電車はスカイトレイン、水上バスはシーバスという名前で、
バスは行き先別にNo.があるの。スカイトレインは
路線2種類くらいしかなくて、ブロードウェイというところで乗り換えられる。
バスはかなり蜘蛛の巣上に走ってる。

路線の詳細は別として、何が面白いって乗車方法。
日本は切符を買って、改札を通って乗車、改札を通って出たり乗り換えたりよね。
TransLinkはバンクーバーのエリアを3zoneに分けていて
そのzoneをいくつ跨ぐかで乗車料金が決まる。
駅には改札はない。切符売り場と、回数券用の打刻機だけ。
駅員も居るっぽいけどよくわからない。窓口もない。切符売り場の辺りに
警備員なんだか駅員なんだかわからない人がたまに立ってる。

交通機関を利用するためには3つのうちどれかを準備する必要がある。
[PR]
by hz_kr | 2007-04-14 16:59 | Canada全般

キャピラノつり橋

ハッピーフライデーで祝日だった昨日(6日)は学校の友達と
キャピラノ・サスペンション・ブリッジへ観光に行ってきました。
b0107574_16233530.jpg
スリリングだったわ!


b0107574_16275061.jpg
木のほぼトップに掛けられた散歩道

b0107574_16255369.jpg
樹齢400年だそう


入場料は$25(トップシーズンはもうちょい値上がる)と高めだけど、
半日うろつけるくらいの敷地面積はあるからお散歩するのにはよいかも。
景色はすごく綺麗。自然がいっぱいて感じw
メインのサスペンションブリッジも壮大だけど、園内にはいくつか小さいつり橋が
木と木の間に掛けられてて、展望台みたいになってるの。普通に10階くらいの
高さに支柱とかなくて自然の木だけを足場に掛かってる。ワイルドねー。
スタンプラリーみたいなのがあって、全部集めると「I made it」て書かれた
記念の紙が貰えるんだけど、帰ってルームメイトに見せたら
「何に使うの?仕事探すときに見せるの?」って笑われた。遊び心がないわね!

説明文で意味不明なのがあって、一緒に行ったクラスメイトと悩んだけど
結局わからなくて写真に収めて来た。一部抜粋。誰か解読して。
A temperate rain forest wins hands-down for quantity.
There can be up to 2000 tons of living matter in
an acre of temperate rain forest.

森が2000トン持ち上げられるってこと?winてなに、winて。勝つの?
ちなみに、木のてっぺんには色んな植物や昆虫、小動物が住んでるらしく、
living matterてのはそのことだと思う。
まさか木のてっぺんに生き物が生息しているとは夢にも思わないから、
研究者たちがそれを発見できたのは森の研究を始めてずっと経ってからだとか。
確かに下から見ると、ただ葉っぱがあるだけだものねぇ。簡単に登るわけいかないし。

キャピラノへの行き方は簡単で、シーバスという水上バスに乗って
ノースバンクーバへ行き、バスに乗り換えて20分くらいで着く。
でもこっちのバスは停留所の案内がないから、降りますサインを
いつ出そうかとドキドキしていたら、観光地だから紐引かなくても
運転手さんが「キャピラノ停まります」ってアナウンスして停まった。
あぶないあぶない…あのまま乗っているとグラウスマウンテン着いちゃうんだよね。

バスについてはほんと難易度高いと思う…。
初めて行く場所なんて、目的地で降りるの不可能に近いよ。
停まりたい停留所の手前で、車内に掛けられた紐を引いて知らせるんだけど、
走ってるとき自分で道の名前とかチェックしていないと全然わからない。
ホームステイしてるときは3つの路線のバスが使えたんだけど、
そのうちの1つは曲がり角とか目印がないものだから、
目を凝らしていたけど降りたい停留所を通過した瞬間に気づいて
紐を引いたところで500mくらい彼方へ連れて行かれた…。
夜は一本道じゃ全然わからないよ!みんな同じような家ばっかなんだもん!
または森。森!いくら五感を働かせても可能なことと不可能なことがあるわ…。
ダウンタウンにステイしていた友達も、最初の3日くらいは
勘で紐を引いて、3~5ブロック前or後で降り、歩いて帰ったそうですw

こちらは車社会だけど、バスや電車を利用している人もかなり多い。
ちゃんと路線理解して乗りこなしてるんだよね。
前にバスに乗っていたら、詳しくないお客さんが運転手に
「なんとかセンターはこのバスでいいの?」って聞いてたことがあったのよ。
運転手さんはわからなくて「誰か知ってる?」って乗ってるお客さんに
聞いたら(この辺り、日本じゃありえないわよねぇ…)、
一人のおばあさんが「そこなら2ブロック先から出てる○番バスで行けるわよ」
って知っていて教えてあげていた…。カナディアンすごい。
[PR]
by hz_kr | 2007-04-08 17:02 | 観光

実家から荷物届いた(嬉)

両親が送ってくれた荷物が昨日配達されていたんだけど、
学校に行っていて不在にしていたため受け取れなかったの。
こっちは再配達なんてシャレたことしてくれないから、
近くの出張所に預けられて「15日以内に取りに来いよ」と書かれた紙が
投函されるだけ…。両親が日本の郵便局で聞いたときには
再配達してくれるという回答だったため、運ぶことを前提にせず
発送し、重さ11kg…。出張所へ受け取りに行く方法を
色々考えた結果、スーツケースを持参してスーツケースの上に
ダンボールを乗っけて来よう!という結論に達したわけです。

出張所は徒歩で10分弱のところ。空のスーツケースを
引っ越すわけでもないのにガラガラ押しながら向かうこと10分。
荷物を受け取ってみたら、「思ったよりおっきい…」。
残念。スーツケースの上に乗っける方がよっぽど難易度高かったのです。
11kgて意外と持てる重さなのね…。帰り際、せっかく持ってきた
スーツケースになんとか乗せようと試行錯誤してみるものの
(途中レストランの店員らしき人からなぜか「Congratulation!」と言われつつ)
残念ながら乗っけた方がよっぽど不安定で、最終的には片手でスーツケースを押し、
片手でダンボールに掛けられたビニール紐を掴んでキャリーするという、
ますます大変な状態でアパートまで帰らなければならなくなったわけです。

帰宅する頃にはぜいぜい言ってましたが、ともかくアパートまで
無事運べたことと、両親がダンボールに紐を掛けていてくれたことを
心から感謝しつつ、荷物をオープンしてみました。
頼んでおいたココアがばっちり入っていました!

私はココアが大好きなのですが、カナダにはなんとココアというものがない!
その代わり、ホットチョコレートという代替品があるけれども、
(一部の人からは「ココアと変わらないじゃん」といわれる代物であり、
例に違わずルームメイトからも「ホットチョコレートと何が違うの?」と言われたけれども)
ココアとは似ても似つかないのよ!全然違うの!私はココアが飲みたかったの!!
ちなみにカナダではココアは「ココ」と言うそうです。
メキシコ、韓国、日本共に「ココア」なのにカナダだけ「ココ」。Why??
というか、言葉があるのになんで売ってないの??

とにもかくにも、無事ココア…もとい、両親からの荷物が受け取れて良かった!
日本で一人暮らししていたとき送ってもらった荷物もそうだったけど、
「きっと母が色々考えてながら入れてくれたんだろうな」
っていう代物がいくつも入っていて、微笑んでしまいましたわ。

今週末はイースタなんちゃらで4連休。キャピラノつり橋行って来ます。
旅行じゃないよ。バスで行けるところにある超~~高いところに吊ってある橋らしい!
おぉ~怖そう~!昨年末の大雪の影響でしばらく閉鎖されてたらしいんだけど
最近復活したとかいう噂を聞いたのでね。KGICの友達と行って来ます。
ウィスラーへのスノボーorスキーにも誘われたけど…2ヶ月目で
遭難するのはちょっと早いかなと思ったので次回にしました。
でもバンクーバに居てウィンタースポーツまったくしないで帰るのは
さすがにどうかと思うから、一度くらいは帰る前に行かないとねぇ…。
[PR]
by hz_kr | 2007-04-05 16:22 | シェア

クラスメイト倍増

今日から150人近くのNew studentsが学校に入ってきました。
今まででも十分ビジー状態だったのに、1クラス約20人くらいになって
小学校さながらの雰囲気になってきたわ…。
だいたい1クラスに7~8人新メンバーが加わり、1日に4クラスあるから
30人前後の新しい名前を覚えねばならず、先生も生徒もてんやわんや。
私は今日7人くらいの名前を覚えられたかな…。韓国人の名前は難しいのよ!
日本人は3人、メキシカンが数人とブラジリアンが1人。ほか全員韓国人!
すさまじく多いです韓国人…。
English Nameを持っていればまだいいんだけど、持っていないと
ウジンだのジウンだのウヒョンだの、こんがらがるのよー(T_T)

人数が増えて難易度は高くなりましたが、
私のコミュニケーションクラスの先月の評価は酷かったので(特にparticipation)、
今月はなんとしても挽回せねばなりません。
なぜならば私のESLコースは残すところ1ヶ月+1週間。時間がないの!
 ◆Student needs to improve oral fluency.
 ◆Student needs to improve accuracy and grammar skills
 ◆Student must be more willing to participate.
mustは効いたわ、mustは(泣)
その一方、
 ◆Student has improved considerably.
とも書かれてる。さすがにけなしてばかりじゃかわいそうと思ったのかも。
これでもReading & WritingクラスではOutstanding studentに
選ばれたのよ、先月は!コミュニケーションの先生はとりわけ厳しいので
辛いけれど英語の習得にはいい環境だとムチ打って頑張ります(泣)
それにしても言われたい放題。ま、いいけど全部本当のことだから(T_T)
[PR]
by hz_kr | 2007-04-04 15:39 | 語学学校

病院でチョコレートもらった…

今日は予定通り、日本人の医療通訳が常駐している病院へ電話して
アポを取って行って来ました♪ 病院はイェールタウンという
高級住宅街に位置してた。歩いて行ったんだけど高級そうなコンドミニアムや
お洒落なお店が軒並み連ねていて目の保養にもなったような…。
この辺りにはあまりアジア人は居ないから、歩いているとちょっと緊張してしまうかも。

病院はどうやら美容関連の施術も行っているらしく、エステのような作り。
現地の患者さんももちろん待っていた。
簡単な書類に記入して待つこと数分、奥にたくさんある個室のひとつに案内された。
ちょっと待っていたら「先生が少し遅れそうなのでこちらをどうぞ」と
チョコレート(キットカットw)を手渡され、「紅茶はどちらがよろしいですか?」と
アールグレイやらハーブティやらの中から選ばせてくれた。
ここまでまるでエステね…。

個室には日本語の雑誌まで置かれていて(去年の12月号だったが)、
待ち時間を潰させる工夫が見て取れたわw
20分くらい待ったあたりで、再度医療通訳の人が顔を出して
「先生が今処置されている患者さんが急患なのでもう少しお待ちいただけますか?
薬物の過剰摂取で命に関わるので」とサラッと言われ「も、もちろんです」と
再度待つこと20分ほど。先生登場。症状を通訳の人から伝えてもらい、
いくつか質問に答えて背中に聴診器あてたくらいで診察終了。
時間にして3分弱!ごめんなさい、こんな軽症で来ちゃって…。
喉~鼻に効くというシロップを処方してもらい、無事帰ってきました。

こっちは病院の先生も一般人と同じで、会ったときには
Nice to meet youと言い、帰り際には
Thank you for coming, have a good day!と別れる。
医者だろうが患者だろうが、バスの運転手だろうが客だろうが、
分け隔てなく同じようにコミュニケーションが取れるのは
この文化なんだろうなぁと日本との違いを改めて考えました。
[PR]
by hz_kr | 2007-04-03 14:43 | Canada全般



主にCanadaワーホリblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30