blog

<   2007年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

生きてます

あー!やっとパソコン買った!
日本から取り寄せることも考えたけど、
時間的にも価格的にも経験的にも、カナダ購入となりました。
OS英語だよー…初Vistaで英語。あわわわ…。

3週間、インターネットへ繋げない生活が続いたわけですが、
高校生以来、こんなに長いことパソコンを触らなかったことはありません。
が、意外となきゃないで使わないなって思ったw
友達何人かから「使いたかったら使っていいよ!」とか
提案してもらったりしましたが、どうしても必要ってわけでもなかったから
とりあえず今できることを先にやってたら3週間経ってたし。
メールをいただいているのに完全シカトで3週間。
明日以降、随時返信していきます…ごめんなさい…。

泥棒事件後、私はウィスラー行ったり、日本からの荷物の行方を捜したり
ガスタウンのJazzコンサートに行ったり、
引越ししたり、仕事したり、パソコン探したり、
そこそこ忙しい部類の生活をしていました。
新しいアパートは超快適。ルームメイトはかなりGOOD。
めちゃくちゃ綺麗好きで、私が申し訳なくなってしまうくらい。
食事作ってくれたり、イチゴジュース作ってくれたり、お母さんみたいだし…。
難点は前よりデンジャラスゾーンになったことかな…。

なんとか、ネット環境が復活したのでblog更新再開しまーす。
[PR]
by hz_kr | 2007-06-28 17:47 | シェア

空き巣

月曜日、空き巣に入られてパソコンを盗られました…。
このblogはエージェンシーのオフィスから書いております。
ここ数日はかなりブルーでしたが、今のところなんとか立ち直りつつある。
昨日警察が来て簡単な質問して帰って行ったけど、
会うなり日本語で「コンニチハ」と言ってきたときにはどうしようかと思った。

パソコンの他に、退職時に会社の人たちから
貰ったコーチのポーチと(洗濯用に小銭が入っていた)、
同じく会社の人から貰ったアクセサリーバックごとアクセサリー、
使いかけの化粧品が入った化粧ポーチ、ファンデーション、
ノベルティで貰ったWireless USBマウス
(でもUSB側を忘れて行った。やーい使えないだろう!)、
誕生日に贈って貰った4GBのUSBメモリほか。
あとはiPodの充電器とか(困る…)、携帯の充電器とか(困るってば…)、
他にもあるんだろうけど気付けてない。

ルームメイトはデジカメ、パソコン、DVDリーダー・ライター、
帰国用にこっちで買ったスーツケースが消えていたそう。
おそらく彼等は盗んだものをスーツケースに詰めて逃げたんだと思う。

仕事から帰宅したとき、扉の鍵穴がある部分に広告が挟まっていて
「いつもポストに投函していくのにおかしいなぁ」って思って
何気なくはずしたら…、なんと鍵の部分がすっぽりなくなっていた。
一瞬、何が起きたのかわけがわからなくて、
「え?なに?ルームメイトが壊したの?」ってドアを開けて入ったら、
部屋の中はぐちゃぐちゃ。「え?え?なに?」って1分くらい状況が飲み込めなかった。
空き巣が入ったんだってやっと理解できて、どうしようって焦りまくり、
ルームメイトに電話するも通じず、「マネージャー!」と思い立って
1階へマネージャーを呼びに行き、来て貰った。
「警察に連絡した方がいい」と言われて電話をするものの、
速くて何を言ってるかわからない上に、動揺し過ぎていて理解できるわけもなく、
日本語通訳を介して状況を説明した。
担当の人は「後で警察を寄越します」と言って電話を終了。
まさかこっちで911に電話することになるとは…。

ルームメイトに再度連絡し、連絡がついて状況を説明し、
「すぐに帰って来い!」と言うことで彼が帰宅。
でも意外と彼はけろっとしていてむしろさらにびびった…。
(あとで聞いたところによると、韓国に居た頃にも空き巣被害に遭ったとかで
「焦ったって仕方ない。諦めるしかない」とわかってたんだそう)
「写真とか個人情報とかいっぱい入ってたのになぁ」って残念そうだったけど。

私はそのままにしておいた方がいいと思ったんだけど、
ルームメイトはそそくさと片付けてしまい、「そのままにしておかなくていいのかな?」と
聞いたら「そのままにしておこうが片付けようが関係ないよ」と言われ
確かにそうだと思って私も片付け始めた。この日は警察は結局来なくて
9時半くらいに電話が掛かってきて「明日うかがいます。何時に在宅していますか?」と
訊かれて「5時以降には居ます」と答えたのと、
盗られたもののリストを作るように指示されて終了。

翌日、仕事から帰ってアパートで待機するものの、7時過ぎまで待っても
来なかったから夕飯を食べに外出した。8時半頃にルームメイトから連絡があって
「警察が来てるから帰ってきて」ってことで帰宅し、リストを渡して
ちょこっと受け答えしてその程度で終了。やっぱり片付けてて問題なかったみたいね…。

なんかね、物を盗られたこと自体は仕方ないって諦めもつくんだけど
今回おかしなことがたくさんありすぎて、気味が悪くて…。
 ・私たちの部屋は10階で、エレベーターを使わなければ逃げれない、
  忍び込むには適切とは思えない高さ。また、一番奥の部屋であり、
  非常階段と逆側で、やはり逃げるには条件が悪い場所にも関わらず
  100世帯ほどあるアパートの部屋から私たちの部屋だけを選んだ。
 ・化粧ポーチと使いかけのファンデーションなんかを持って行ってるわけで
  彼等のうち一人は女性?
 ・彼等はパソコンやデジカメなどの電化製品のみを持っていった。
  が、見つけていたにもかかわらずSDカードとかメモリスティックなどの
  メディア向けのリーダーライターは持って行かなかった。
  DVDプレイヤーやビデオデッキもあったのに、持って行かなかった。
  パソコン製品のみ。
 ・一通り床などに置いてあった箱の中を荒らしていたが、クローゼットの中は
  ノーチェックだった(時間がなかった?)
 ・パスポートや保険、ドライバーライセンスなどは見つけていたが
  持って行かなかった。
 ・鍵穴部分ごと抜き出すほどの大胆なことを、白昼堂々している。
  大きな音を立てずにあそこまでのことをできたのか?
  また、彼等は私とルームメイトの生活パターンを知っていたのではないか?
 ・彼等はスーツケースを盗んでいる。初めから物を盗む前提で来ているのだから
  彼等は彼等で入れ物を用意していたはず。むしろスーツケースは
  邪魔になると思うのだが、わざわざ持って行ったところを見ると
  この部屋にスーツケースがあることを知っていたのではないか。
 ・床に置いてある小さな箱のほとんどの中身をチェックしていたが、
  実家から送られて来たダンボールは開けた様子がなかった。
  こっちで買ったとても小さいハンドバックがベッドに転がっていたが、
  ボストンバックに触った様子はなかった。

彼等の選んだもの、時間や場所、色々と考えれば考えるほど、
私、あるいはルームメイトを知っている者の犯行なんじゃないかと思えてくる。
さらに言えば、過去にこの部屋に入ったことある人。
私は友達はそんなに呼んでいなくて、4~5人の女の子をばらばらに招待したくらいだけど
ルームメイトは比較的頻繁に友達を呼んだりしているので、
部屋の内部を知っている人は少なくないはず。

言葉で表現しきれないんだけど、おかしな点はたくさんあって、
帰宅直後の部屋を思い返せば思い返すほど、「なんでだろう…」って不思議になる。
私が居ない間に部屋に忍び込んで、何か理由があって
あれらのものを選んだ彼等の心境を想像すると、不思議でたまらないんだよね。
私たちを知っている人なのかもしれないって考えると、ぞっとするし…。
盗まれたものが帰ってくるとは思えないし、犯人がわかることもないだろうけど、
できることならなんで中途半端な盗み方をしたのか知りたい気がする…。
いずれにせよ、押し入ってるときに鉢合わせなくて良かった…。
あー大事なものたくさん盗まれて、ふりだしに戻った気分…(泣)
実家から送って貰ってる荷物も2週間経った未だに届かないし…
もうともかく働いてる間は忘れられるから、一心不乱に働くしかないわ(T_T)
二度と戻らない思い出をたくさん失った代わりに、
かなり貴重な体験をさせてもらってますね…。
[PR]
by hz_kr | 2007-06-14 09:22 | シェア

面白客勢ぞろい

レストラン(カフェ?サンドイッチショップ?)で働き始めて早4週間目に突入しました。
ほんとびっくりだよ…学校終わってからもう1ヶ月経ったの?そうなの?!
友達と偶然会い過ぎるから、学校終わった実感あまり湧かずににここまで来てしまった…。

だいぶ仕事にも慣れて来て、引継ぎの女性もいなくなり(あと一回だけヘルプで来るけど)、
ボス+アルバイト2人(私含め)という崖っぷちの状況で回している某レストラン。
誰か1人でも欠ければ冗談ではなく経営が成り立ちません、ええ。

やることは山ほどあるし、8時間ぶっ通しだし、休憩はお昼食べるためだけに、
ぱぱっと15分くらいしか取れないし、終始立ちっぱなしだし、
お手洗いへ行く時間すら見計らわなきゃいけないけど、
楽しいんだな、これが。仕事は仕事だから大変なんだけど、
私にぴったりの職場かもしれない!と思ってしまっている最近。
 ・誰一人としてさぼっている人がいない(当たり前。3人しかいない)
 ・常に先を見越して行動しないと仕事が終わらない
 ・私を本気で必要としてくれている(全員が必須メンバー)
 ・混雑時は連携プレーが不可欠(爽やかに連携プレー成功するとかなり気持ちい)
 ・自分たちだけしかいないので、やり方をどんどん変えられる
 ・お客さんたちが基本的に優しい(たぶん国民性)
 ・ボスの人間性が尊敬できる
 ・ボスが妙に私に期待している(今日は売り上げ見せられた。ボス…)

最後の1項目は別としても、恵まれた環境だと心から思いますよ。

日本でファミレスでバイトしていたときは、本当にストレスでいっぱいで
嫌になってしまったけど、環境が全然違ってとても気持ちが楽。
失敗することは多いんだけど、ミスしたり待たせたりしても
こっちのお客さんはほとんど怒らなくて、「いいよいいよ」って
言ってくれるところが日本とは違うわぁ、と思ってしまう。
日本だと、お客様が上でスタッフが下だけど、こっちはほぼ対等。
お互いThank youって言うし、Have a good dayって言うし、
「オレは客だー」って偉そうにしているお客さんて見たことない。
オフィス街にあるからお客さんの質がいいというのもあるかもしれないけど。

ここからは面白客の話。いやー日本だろうが海外だろうが、
面白いお客さんは山ほど居ますよ。ごく一部を紹介します。

 ■通称:クッキーおばさん
 ランチタイムに毎日来て、必ず、
 お店手作りの(今は私が作っている)オートミールクッキー、
 コーヒーMサイズ、ベジタブルスープ(クラッカー無し)を注文するおばさん。
 私の働いているレストランは、$5以上買うとスタンプを1つ押して、
 10個溜まるとサンドイッチと交換できるんだけど、
 このおばさんはスタンプが溜まってもクッキーとしか交換しない。
 サンドイッチは$5前後で、クッキーは$1.25なのにそれでもクッキー。
 毎日同じメニュー。すごい。

 ■通称:横綱
 その名の通り、でっぷり太ったお兄さん。微妙な日本語を時々話す。
 ありがとう、とか元気ですか、とかだけど。ランチタイムと午後に
 よく顔を出して、シェパーズパイとかラザニアとか食べて帰る。
 ほんとまんまる。たまに絡んで来る。引継ぎしていた女性は
 「うざい」と敬遠していたけど、私はそこそこ好きなキャラ。
 なんか見ると笑っちゃうし…。

 ■通称:笑わないおばさん
 ラザニアで昨日クレームを受けて、ボスの対応が悪かったから
 今日来なかったんだよねぇ…。もう来ないかもしれない。
 いいお客さんなんだけど、すんごい無表情。にこりともしない。
 でもHelloとかThank youとか言うとそれなりに応える。
 しかし絶対笑わない。しかし毎日2回くらいは来ていた。
 シナモンロールとかマフィンとか、スープとか買ってくんだけど
 気に入らないとあれこれいちゃもんつけまくり。真顔で。
 でも怒っているという風でもない。要望が多いってことかな。

 たまにサンドイッチも注文するんだけど、作ってる目の前に立って
 じっと観察していて、突然「ノーマヨネーズ」とかぼそっと言ってくる。
 昨日のラザニアは上が焦げていて、サーブしたら
 「こげているのは食べたくない。焦げてない部分はないの?」って言われたものの
 「ごめんなさい、全部同じです…」と少し揉めて、ボスに伝えたら
 「じゃあいいよ。お金返してやれよ」ってちょっと雑な感じで扱ったら
 お金受け取って何も言わずに帰っちゃったんだよねぇ。お昼も食べずに。
 怖いけど好きだったのになぁ…あのおばさん。

 ■通称:カリフォルニアロールのお兄さん
 毎日朝、昼と1日2回来て、だいたいカリフォルニアロールを2~3セット食べる。
 カリフォルニアロールがないと、パスタとかカレーとか。
 でもお気に入りはカリフォルニアロール。
 近辺で工事している人みたいで、工事服で現れる。低姿勢で超いい人!
 みんな大好きカリフォルニアロールお兄さん。
 うちは半セルフのお店だから、チップとかは基本ないんだけど、
 このお兄さんはいつもチップをくれたり、
 品物渡すとThank you、Thank youって丁寧に対応してくれたり。
 もう一人のバイト仲間のキッチンスタッフの人は
 「いつも頼んで欲しいなって思うものを頼んでくれるんだよね」と言っていた。
 あと少しでカレーが終わるから誰かカレー食べてくれないかなぁ、とか、
 カリフォルニアロール今日はあまり出てないから食べてくれないかなぁ、とか
 思っているとそれをチョイスしてくれるらしいw

 ■通称:リックさん
 いつもヘーゼルナッツコーヒーを飲むおじさん。うちのお店で唯一ツケ払いの人。
 月末に$90とか払ってるw チリも積もればよね。
 今のボスは1年ちょっと前からこのお店を引き継いだらしいんだけど
 前のオーナーがやっていた頃からずっと通っている常連さんらしい。
 他のお客さんはツケとかやってないんだけど、この人だけ特別。
 お店に来るとコーヒーカップを掲げてにこっとしてくるのが「貰ってくよ」のサイン。

 ■通称:ランチタイムのおじさん
 「ランチタイム」と言われたら、特別メニューのセットを出すお客さん。
 通常サンドイッチって当然パン2枚をサンドにするわけだけど、
 この人のランチメニューはブラウンブレッドを1枚トーストして、
 普通使わないマスタードのみ塗り、ローストビーフを乗っける。
 で、それを半分に切ってサンドにする。1枚のパンでサンドイッチを作るわけね。
 あと、ホットチョコレートを入れて、蓋をかぶせた状態で(閉めない)持って行く、とw
 これでお腹いっぱいになるのかなぁ…小食だなぁ…。

 ■通称:特になし(ごはんの人、とかかな…)
 作業服姿で毎朝来るおばさん。爽やかな笑顔で私は好き。
 「Happy Friday!」と来たり、月曜になると「Happy Monday!」と来たりw
 朝食のセットは、卵2つの目玉焼きだったかな、それと、ごはん、コーヒー。
 「サラダとか食べないんですか?ベーコンとか」って聞いたら
 「なぜかわからないけど卵だけ食べたいの。私の頭はたぶんおかしいんだわ」
 と笑っていた。何してる人なのかは知らないけど、お気に入りキャラ。

 ■通称:「おっとうさん!」
 ボスの天敵。アジア系のパワフルお母さん。
 なぜか「お父さん」という日本語だけ学んでいて、来ると必ずボスに向かって
 「おっとうさん!」と言って来るw ボスはちょっと苦手っぽい…。
 だいたい夕方来てコーヒー飲んで帰ってく。

他にもたくさん居ますが今日はこの辺で。
常連さんがすごく多くて、和気あいあいとした雰囲気だわ。
名前は全然知らないんだけど。See you, tommorow, guys!と
言われるとちょっと嬉しくなる。明日も来てね~て感じ。
[PR]
by hz_kr | 2007-06-07 11:39 | Work@Canada



主にCanadaワーホリblog
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30